2017年11月号

2017.11.17e
ショップ&ワンダー AER 31F展望テラス/宮城県仙台市青葉区中央1
チョー有名店の“とんかつ”で幸せ。この日はもう業務も無し。てなワケで仙台駅周辺をブラつきます。ひときわイルミネーションが綺麗なユニクロさんが入っている高層ビル、「アエル」さん。コチラの31Fは展望テラスなのです。ワタクシおそるおそる進入。なんか札幌のJRタワー展望室的なヤツかなと思いきや、あまりの“どフリー入場”っぷりに拍子抜け。気軽に行ける無料展望スポットだ。
2017.11.17d
とんかつ かつせい/宮城県仙台市青葉区北目町
2年ぶりだ。新幹線で乗り換え無し!札幌よりも近い街になっちゃったぜ仙台。さて、仙台へ着いたら必ず行くと決めていたお店があるのです。それがコチラ「かつせい」さん。なんでも“東北一ウマイとんかつ屋”との呼び声もあるお店。ワタクシ「特ロース+ご飯+なめこ汁」のコンボを。ぬおおぉ!さすがに美味い、と言うか“ネガ”な要素が微塵も無いお味。店主の実直さそのものなのでしょうな。
2017.11.17c
新幹線はやぶさ/北海道旅客鉄道・東日本旅客鉄道
この日から仙台への旅となります。そんでもって今更ながら初乗車の「北海道新幹線」。昨年あれほど事業に携わったのに、今になってかよ!?と関係各位から怒号が飛んできそうです。いやいやタイミングがね、どうもね…。さてエンゼルスに行くことになった大谷君。北海道新幹線の広告塔としてもコレが見納めでしょう。彼は攻防一体の超人。野球界のケンシロウのような男でしたなぁ。
2017.11.17b
三橋美智也生誕の地碑/北斗市市渡1
新函館北斗駅の脇にこんなモニュメントがあったのを今までスルーしていました。「三橋美智也生誕の地」碑です。三橋美智也さんと言えば旧上磯町出身の大物演歌・民謡歌手。かつてミッチーと言えば及川さんではなくこの方でした。とは言えワタクシの年代の上の方がゾーンでしてワタクシは「カールと激めんのおじさま」の印象しかありません(笑)。あ、「達者でナ」くらいは知っているか。
2017.11.17a
我流焼きそば はないち/北斗市市渡1
これより先は暫く「旅シリーズ」になります。その旅の始まりは新函館北斗駅。そしてランチは「はないち」さん、2度目の訪問だ。テーブルにズラリと並ぶソース群で自分流焼きそばを楽しむ探究型スタイル焼きそば。しかし今回は固定メニューの「カレープレート」を注文。カレーライスに焼きそばというB臭全開に感激。しかもなんとこのマッチング、マジウマなのだ!正当派のジャンクwだぜ!
2017.11.12
板そば 池田や 序葉久/七飯町大川1
以前からずーと気になってたお店。ワタクシ蕎麦は好物ですがここは敷居が高いかなぁ…と入れずじまいだったコチラへ初訪問。赤松街道沿い「序葉久」さんであります。古民家を改装したなかなか意識高い系かなと思う佇まい。「一人なんですが…」と言うと「ぜんぜんOK!」的な店員さんの対応。素晴らしい。そしてお料理の内容も…これまた素晴らしい。再訪確実ですので詳細は次回に。
2017.11.11
カフェ&レストラン グリーンリーフ/函館市松陰町
あれぇーっと思われるかも知れませんがワタクシ初訪問のお店だぜ!の「グリーンリーフ」さん。松陰町にあるお店。開店当初はワンコインで頑張っていたようですが現在は550円になっておりました。まぁお安いコトには変わりありません。正午前に行ったのですが店内はマダム達で賑わっておりました。オーダーは結局カレー。具がゴロゴロで良心的なカレー。お店の実直さが感じ取れます。
2017.11.10b
フォークソングの店 B♭/函館市本町
この日の2次会は“おねえちゃん”無しの会でした。ワタクシ初訪問の「B♭」さんであります。看板通り、まさにフォークソングを愛する人たちが集うお店の様相。フォークを歌う為の楽器やアンプがスタンバイ状態で、お店の方(もしくは有志の方?)が出来る範囲で伴奏してくれます。酒を飲みながら、古き佳き時代を語らい歌えるのは、フォーク好きには至福の空間でしょう。良い雰囲気です。
2017.11.10a
居酒屋 二代目 佐平次/函館市五稜郭町
またまた大変お世話になったある御方の送別会でした。やはりコチラのお店、「二代目佐平次」さん。この短期間にもはや3回目。凡庸な定食屋さんより回数行ってますよ。とはいえですね、宴会コースの内容がとってもいいんです。コチラのお店は普通はカウンターでしっぽり美味い酒と逸品料理に舌鼓ってな具合の雰囲気なのですが、コースだとハイボリュームな食にありつけちゃいます。
2017.11.05
小樽なると屋 ポールスター函館店/函館市港町1
なんだかランチの選択バランスがおかしくなっているぞ!二日連続チキンです。再び訪問の「なると屋」さん。ポールスターさんの一郭にあり駐車場の心配は皆無。当然お客さんもいっぱいだ。函館は車社会、駐車場は重要ファクターですな。さて、いただいたのは「ざんぎ定食」。チョイト値は張りますが、同店自慢の大ぶりでアッツアツの揚げたてザンギ5個をその場でいただけるのはいいね。
2017.11.04
なかみち食堂/函館市中道1
中年男は行ってはいけない(←褒め言葉)函館の大食いエリシオン、「なかみち」さんだ。自分の中の悪魔が微笑みたまらず訪問。同店の看板定食「とりから」をオーダー。上写真のメニュー表にもあるように人気1位の代表的定食だ。ぬおぉぉ、さすがのハイパーボリュームにワタクシも完食が危ぶまれたぜ。上記写真の味噌汁も切り干し大根も大盛り。この街にあることを誇れるお店だぜ。
2017.11.03
麺家 華月/函館市桔梗2
久々ですがワタクシのリストにはインされている「華月」さん。赤松街道というグルメロードの一郭を成す人気店。ラーメン単品でもお客さんを魅了しているのでしょうが食いしん坊を満足させているのがこのセットモノ。ワタクシは秋限定と思われる「豚肉オイスターソース炒め」のセットを。こういっちゃ失礼かもだが、その炒め物がラーメンをかき消すくらい美味い!全制覇したくなる悩ましさだぜ。





INDEXへ戻る